ブログ

最近の出来事

第34回えり高祭が行われました

2年ぶりとなる第34回えり高祭が7月16日(金)・17日(土)の2日間で行われました。

1日目は生徒会企画のクイズ大会と、えりも中学校生徒会執行部に来校してもらい、中高合同で「いじめ撲滅宣言」を行いました。

そして3年ぶりとなる行灯行列も行いました。町民の皆さまの温かいご声援の下、行灯に明かりを灯し、えりも町を練り歩くことができました。

2日目の午前中は有志発表が行われ、軽音楽部の演奏やダンスが披露されました。

午後からは、クラス催事やクラスパフォーマンスが行われ、大盛り上がりで幕を閉じました。

後夜祭では、教員出し物「えり-1グランプリ2021」が行われ、3学年団のトリオ「主要三教科」が優勝しました!

最後に学校祭の企画・運営を行ってくれた生徒会執行部に花束が贈られ、涙の感動のフィナーレとなりました。

 保護者の皆さまにおかれましては、お忙しい中、第34回えり高祭に足をお運びいただきありがとうございました。全校生徒が一丸となり作り上げたえり高祭を、感じていただければ幸いです。

また、町民の皆さまにおかれましても、行灯行列の際、沿道からの温かなご声援をいただき、ありがとうございました。今後とも、えりも高校をよろしくお願いいたします。

 

就学資金講演会

 6月29日(火)にZOOMによる保護者・生徒向けの就学資金講演会が行われました。講師として北海道情報大学の小川勝利様にご説明をいただきました。大学進学等での学費や生活費のこと、奨学金の種類や制度など、大変貴重なお話しをいただきました。お忙しい中、ご講話をいただきました小川様に感謝申し上げます。

青年海外協力隊経験者講話

7月1日(木)、本校3学年の総合的な探究の時間において、青年海外協力隊経験者講話が行われました。

例年、3学年の生徒は、韓国への海外研修を実施していますが、昨年度に続き、今年度も新型コロナウイルス感染症の影響により、中止が決定しています。それに代わる国際理解教育の一環として開かれたのが、この講話です。

講師に、広尾中学校の土井教諭をお招きし、中米のホンジュラスでの青年海外協力隊の経験をお話しいただきました。軽快な話術で生徒を引き込み、現地での生活や教育事情を教えていただきました。

生徒は、日本との違いに驚くとともに、土井先生からの「現地では、教育は贅沢なものである。」という話から、「日本では当たり前のものが当たり前ではない。」と感じ、今後の生活を改めようと思った生徒も多くいました。また、ホンジュラスの民族衣装や現地で使用されている教科書を持ってきて頂き、異文化を肌で感じることができました。

講師の土井先生には、お忙しい中、講演をしていただき、感謝申し上げます。ありがとうございました。

授業の様子

1年生 数学Ⅰ

必要条件と十分条件についての問題演習を行いました。生徒は自ら考え、更に生徒同士で交流し考えを深めていました。

 

2年生 コミュニケーション英語Ⅰ

日本の伝統文化やポップカルチャーについて、スライド作成を行い、身振り手振りを交えて英語でプレゼンテーションを行いました。

 

2年生 家庭総合

消費生活について身に付けた知識を活用して、悪徳商法に関するロールプレイの資料作成をしています。どのような発表になるのか楽しみです。

学校祭準備を進めています。

今月、実施予定のえり高祭に向けて、放課後には毎日、準備をしています。

行灯の製作、パフォーマンスの練習、催事企画の準備など、多岐に渡ります。

ひとりひとりが創意工夫しながらつくり上げています。開催に向けて、精いっぱい頑張っています。

行灯の制作

 

パフォーマンスの練習

 

催事の準備

 

 

 

学校祭を開催します。

7月16・17日(金・土)の2日間、学校祭を開催します。

昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響で開催できませんでしたが、今年度は感染対策を万全に施し、開催いたします。

保護者の皆様には校内行事の一部を限定公開いたします。

なお、行灯行列も実施いたしますので、お時間がございましたらご笑覧ください。

第34回えり高祭行灯行列ポスター

学校祭に向けて

昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった学校祭ですが、今年度は7月の開催を目指して、生徒会執行部メンバーが準備を進めています。

6月8日の放課後は、ミーティングを行い、感染症対策をはじめ、部門ごとに実施要領の修正点を確認していきました。その過程で、どのように進めるか、浮かび上がった課題をどう解決するか、といった点に対してたくさんの意見を出し合いました。皆で悩みながら、学校祭を作り上げようと模索しています。

ミーティング後には、修正点を反映させて、実施要領の最終版を完成させたり、告知内容の準備を行ったりしました。

本格的な準備は、感染症の状況を確認しながら、今月下旬から始まる予定です。

話し合いのようす

 

 

 

 

 


話し合い後の一コマ

 

 

授業の様子

緊急事態宣言下でも、生徒は意欲的に学習に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年生のコミュニケーション英語Ⅰでは文章のまわし読みに挑戦し、分からないところを教え合う姿がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年生の体育ではキンボールに挑戦し、チームワークよく取り組んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年生の小論文研究では、「夏休みに宿題はある方がよいか」をテーマに意見をまとめ交流を図りました。

普通救命講習・一次救命講習

4月28日、29日、消防署えりも支署のご協力のもと、1、2学年を対象に一次救命講習、3学年を対象に普通救命講習が行われました。本校では毎年、全学年を対象に講習を実施しています。

1、2学年は2時間で心肺蘇生法を学びました。3学年は3時間、人工呼吸や胸骨圧迫、異物除去、AEDの種類や使い方などの指導を受け、最後に普通救命講習修了証を授与されます。

感染症対応で一人一人しっかりと消毒も行い、ペアになって実技に取組みました。みんな真剣に取り組むことができました。

身に付けた知識やスキルを活かす場面はいつ訪れるかわかりません。もし、緊急事態に遭遇しても、ひるまずに勇気を持って対処してほしいと思います。

お忙しい中、ご指導いただいた方々に心よりお礼を申し上げます。

前期生徒総会

4月27日(火)に、前期生徒総会を行いました。

この前期生徒総会は、生徒会行事等の運営に関わる大切な内容を決定するものです。

全校生徒、真剣な眼差しで参加していました。

全校生徒協力の下、議事一切が承認され、円滑に終えることができました。

壮行会

4月23日(金)に、壮行会を行いました。

この壮行会は、高体連・高野連に出場する選手を全校生徒で激励するものです。

各部活動の主将から熱い選手宣誓が行われました。

対面式

4月12日(月)に、対面式が行われました。

校長先生や生徒会長の挨拶ののち、教職員や生徒会執行部が紹介されました。

さらに、駒踊りが披露されたあと、各部活動や同好会が紹介されました。

 

 

入学式

4月8日(木)に、入学式が行われました。

今年度も、コロナウイルス感染症感染拡大のため、規模を縮小しての実施となりました。

24名の入学生が入学を許可され、えりも高校の一員となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まもなく出発!

二泊三日の研修が終了しました。体調不良も怪我もなくよかったです。これからえりも町に帰ります。仲良く、雰囲気の良い学年で私も居心地がよかったです。最高の24名ですね❗

これにて宿泊研修ブログは終了します。

宿泊研修最終日!

宿泊研修も最終日の3日目となりました。今日は室内で、働くことについての進路学習と予餞会のクラス討議です。

宿泊研修2日目終了!

今日の研修のまとめでは、2日間のスキー研修のまとめをしました。まとめの終わりには、忙しいなかスキー研修のために来てもらったインストラクターの林先生と田中先生に生徒代表からちょっとだけ気持ちの入ったお礼をしました。真面目で優しく教えてくれた林先生、スキーも話しも絶好調に滑りながら教えてくれた田中先生に感謝しています!また、担任の倉内先生からは何かする時は、今回のスキーに限らず、自分なりに価値を見出だし、経過を大切にとの話しがありました。

今日は部屋が暑くて写真撮るのを忘れました。失礼しました。皆さん、疲れぎみでしたがとても良い表情で研修に参加していました。

他の団体との挨拶も高校生らしく元気でとても清々しいです。自ら率先してどんどん積極的に挨拶をしていきたいですね!

スキー研修終了!私をスキーに連れてって

まだまだ滑り足りないなか、ナイターのライトが点りましたので、スキー研修は終了となりました。またやりたいという声が多く、スキーを好きになることができてよかったです。全員上達することができました。足が痛いのでお風呂で癒します。結局、ロッジには誰も来ませんでした。本当に偉い!みんな笑顔で終わることができてよかったです。また、スキーに行きたいですね。