2日目(11月6日)

おはようございます。7:00の連絡では、全員元気で今日も予定通り動くとのことでした。

朝食をとり、ホテルの方に挨拶して出発です。

 8:00すぎにホテルを徒歩で出発し、今日の行動開始です。(荷物は別送りになります)
9:00現在の広島の天候は晴れ、気温は10.8℃と、この時期にしては少し寒いかもしれません。
今日も1日晴れで、最高気温は21℃を予想しています。ちなみに今のえりも岬は8.0℃、今日の北海道は旭川で雪が降っているようです。同じ日本でもずいぶん違いますね。

予定よりも若干早く着きました。広島平和記念公園にて、平和学習の開始です。
現地ガイドさんに資料館から順に案内していただきました。74年前の遺品の数々を見て、それぞれどんなことを感じたのでしょうか。

 この後、原爆死没者慰霊碑の前で、平和宣言を読み上げ、献花・黙とうを行いました。この平和集会は、多くの外国人の方が見守っていたようです。


そして、平和の子の像前まで行き、千羽鶴を献納しました。この千羽鶴は、先月行われた「海と山の幸フェスティバル」や、町内の「高齢者教室」で町民の皆様が折ってくださったものも含まれています。先ほど、皆様の思いを献納させていただき、平和学習が終了しました。

 <生徒による平和宣言>
この広島の街に、人類史上初めての原子爆弾が落とされたのは、1945年8月6日、今から74年前のことでした。私たちの生まれる57年前の出来事です。

 しかし、今この瞬間にも世界中で戦争が起きています。また、核兵器を保有する国もなかなか減りません。私たち一人一人の力は決して大きいものではありませんが、平和の尊さを信じ、世界中から争いがなくなるように願い続けます。

 私たちはこの見学旅行で広島を訪れることになり、平和学習を通して原子爆弾によってもたらされた悲劇を詳しく知ることができました。しかしその反対に私たちのように原子爆弾が落とされたことは知っていても、詳しく知らない人がいるのも事実です。

 ですから私たちは今日、74年前に原子爆弾が投下されたこの場所で、この先二度とこのような悲劇を繰り返さない、繰り返させないために、今回学習したことを次の世代に伝え、平和への思いを絶やさせないことを誓います。      北海道えりも高等学校2学年一同


日本三景の1つ、廿日市市の「安芸の宮島」に向かっています。

今年は、ひろでん(広島電鉄)の電車で、市内から宮島口へ移動しました。

宮島口で昼食、その後フェリーで対岸の宮島に渡ります。

 

厳島神社といえば、海の中に立つ「大鳥居」ですが、現在の大鳥居は1875年に建立され、幾度かの修理を経たものの老朽化が進んでいることから、70年ぶりの大改修を行っています。そのため、鳥居は作業のシートで覆われていましたが、名物の鹿、秋晴れの瀬戸内海など、短い時間ながらも、日本三景を満喫したのではないでしょうか。
今度はJR在来線で、広島駅に向かいます。

16:03分発の新幹線のぞみ136号で京都に向かいます。飛行機は乗ったことがあっても、新幹線は初めてという生徒も多かったのではないでしょうか。

17:43 京都駅到着 例年お世話になっている、京都駅八条口の「イオンモール京都」で今年も郷土PR活動の昆布配布を行いました。勇気を出して声をかけられたようですね。18:00の京都の気温は16℃とのことでした。

 旅館で夕食です。天気にも恵まれ良かったですね。皆さんお疲れさまでした。

今日の更新はこれで終了します。明日もよい1日になりますように。
多くの保護者の方にご覧いただけているとのこと、ありがとうございます。